自動車保険の大切さ

自動車保険の大切さについて

自動車保険の等級制度の概要

自動車保険には、等級という独自の制度がありひとつひとつの契約に通常1から20までの数字が付けられています。この数字は新規契約では6が基準になりその後は契約を更新する時に変動し、無事故で補償の対象になっていなければ数字は大きく、事故を起こして補償の適用を受けると数字は小さくなっていきます。また、数字が大きくなる時にはその年の料金は割引きされ、逆に数字が大きくなる時には割増しとなります。このように、自動車保険においては等級の数字で事故の有無つまりリスクを表し、割引率・割増率と連動させ低リスクの契約ほど料金が安くなる仕組みです。

自動車保険の大切さを知ろう

毎日車を運転するのであれば、自動車保険の加入は必須です。とはいえ、実際は任意でありますが、これは車を運転せずにペーパードライバーであれば加入する必要がないからです。しかし、運転をするからには、万が一の事故やトラブル発生対応をしてもらうために、自動車保険の加入をしてください。今は、色んな企業が出していますから、比較見積もりをすることで自分の生活に合ったものに加入をすることが出来ます。運転をするのであれば加入をする事、そして何か有った際のために備える事です。供える事は、自分のためだけでなく周囲のためにもなるからです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 任意の自動車保険について All rights reserved